「アンドウ的デザイン考」

日々の仕事や生活での「デザイン」について・・・(ando design office blog site)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

BMBインタビューに掲載されました。

 
bmb001.jpg

大阪府主催のビジネスマッチングブログ(BMB)に
私のインタビュー記事が掲載されています。

少し恥ずかしいですが、良い事言っていますね(笑)。
http://bmb.oidc.jp/article.php/20081128145851785

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ


スポンサーサイト
 

アジアデザインネットワーク会議2008

 
adn_convert_20081128174316.jpg

経済産業省主催の「アジアデザインネットワーク会議2008」が
11月26日、27日の両日大阪国際会議場でありました。

私は、27日の午後から出席しました。

夕刻からは、国際デザインコンペティション2008の表彰式も行われ、
受賞者のプレゼンテーションがありました。
今年の募集テーマは「地球生活」。
受賞作は「エコデザイン」 や「サスティナブルデザイン」を主体とした
ものが多かったです。

特に、韓国や中国のデザイナーの作品にパワーを感じました。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

久しぶりの松山

 
photo1_convert_20081126100437.jpg

松山に来ています。
相変らず路面電車の走るゆったりとした街です。

昨晩は、魚がうまいと地元では有名な「懐凪」というお店で
愛媛県の方たちと「フグ」を食べました。

非常にリーズナブルなお値段で今年初めてのフグを堪能しました。
photo_convert_20081126100502.jpg
(ふぐ刺しの分厚いこと!笑)

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ



 

映画「ハッピーフライト」

 
0022.jpg

映画「ハッピーフライト」観ました。

あのウォータボーイズ、スイングガールズの矢口史靖監督の作品。

航空業界を舞台にした痛快な人間ドラマ。
操縦士、キャビンアテンダント、整備士など、航空業界に携わる人々が織り成すドラマを、
矢口監督独特の演出センスで描いています。

飛行機を飛ばすのにこれだけ多くの人たちがかかわっているのだと・・。
それを感じれるのでイイ映画です。

とにかく観て損はありませんよ。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

SEIKA PD Website

 
pd01.jpg

京都精華大学プロダクトデザイン学科のWebsiteに
先日行われたディーター・ラムスとのワークショップの模様をアップしました。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/product/

関西の芸術系大学の学生たちによる
ディーター・ラムスとのディスカッションが中心でしたが
有意義なイベントとなりました。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

 

ルツ子さんのフェルト展

 
rutsuko.jpg

京都の「ギャラリーにしかわ」で開催中の
「坂田ルツ子展」に行ってきました。 

ルツ子さんはフィンランドフィスカルス村にアトリエのある
フェルトアーティストです。
この夏のフィンランドツアーでは大変お世話になりました。
http://shingoando.blog83.fc2.com/blog-entry-604.html

今回の作品は、帽子やマフラーなど身につけるものが多かったです。
独特の色使いがすごく新鮮でした。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

ディーター・ラムスのワークショップ報告

 
dexi.jpg
サントリーミュージアム[天保山]で開催されているディーター・ラムス展。
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/index.html
それを記念したワークショップが本日ありました。

「形象(かたち)に到るプロセス」というテーマで、
ディーター・ラムス氏と関西でデザインを学ぶ学生たちが、
デザイン現場における発想から完成に到るまでのプロセスや
そのプロセスにおけるチームワークなど、様々な視点からデザインについて議論するというもの。

わが京都精華大学も5名の学生が参加しました。
(他に、京都市立芸大、大阪芸術大、大阪工業大、宝塚造形大が参加)

3時間半ものとても長いディスカッションでしたが、
学生たちには得るものがあったと思います。
(まあ何とか形になってよかったです。)

学生諸君、お疲れ様でした!

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

 

AirJacket for iPhone

 
ppk71_08.jpg

気分転換にと思い、iPhoneのカバーを「AirJacket」に変えてみました。
http://www.pawasapo.co.jp/products/iphone/ppk71.php

クリアタイプで非常に薄く、Airと言うように装着感があまり無いのがイイです。

でも以前の革製より、落としたときの衝撃吸収は不安ですよね・・。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

ニッカのスタンディングバー

 
photon_20081111220825.jpg
最近立ち飲みに凝っています。

飲みながら足腰を鍛えるにはもってこい(笑)。

高槻で、ニッカウヰスキー 専門のスタンディングバーを見つけたのが
この1週間ほど前ですが、結構はまってしまいました。

スツールがあっても良いような、なかなかおしゃれなバーですが
立ち飲みなのがイイです。

そのくせ、ニッカウヰスキー 専門店かつスタンディングバーとしては
たぶん大阪1の品揃えです。

そして、非常に廉価でウイスキーが楽しめます。

場所は内緒ですが、知りたい方はメールください。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展

 
dieter.jpg
サントリーミュージアム[天保山]にて、11月15日より、
「純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代-機能主義デザイン再考」が開催されます。
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/next.html
ディーター・ラムスは、ブラウン社デザインを長年にわたり手がけた
ドイツを代表する工業デザイナーです。

15日にはシンポジウムがあります。
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/event/index.html#dieter_simpo

16日には関西のデザインを学ぶ学生とのワークショップもあります。
わが、京都精華大学の学生も参加します。
(私も引率教員として参加します。)
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/event/index.html#dieter_work

サントリーミュージアムが手がける初めてのプロダクトデザインの展覧会なので、
リキ入っていますね。楽しみです。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

 

「聴竹居」に行きました。

 
chotiku.jpg
昨日は「聴竹居」に行きました。

京都大山崎の豊かな緑の中に「聴竹居」はあります。
ここは、1928年、建築家藤井厚二が設計し、49歳でなくなるまでの10年間生活をした自邸です。

和洋折衷の設計の中に、現代的なアイデアが盛り込まれています。
自然の風景を満喫すること。
夏に通気を良くし、涼しく暮らせること。
豊かな生活シーンを細やかにデザインしていること、など。

当時としては画期的なオール電化厨房を持ち、
室内への自然給排気システムや高い気密性のある木製サッシのディテールなどに驚きます。

80年の年月を経てもなお、設計者の志の高さを感じる住宅です。
http://chochikukyo.com/index.html

管理している竹中工務店のMさんのご案内でじっくり観ることができました。

ありがとうございました。

関連資料:http://www.takenaka.co.jp/enviro/e_report/2003/feature/topics/index.html

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

アーツ&クラフツ展

 
ArtsAndCrafts01.jpeg

京都近代美術館で開催中の「アーツ&クラフツ展」に行ってきました。

「ウィリアム・モリスから民芸まで」と謳っているように、
ウィリアム・モリスを中心とするイギリス、そしてウィーン工房。
さらに、民芸運動が花開いた日本での作品を展示しています。

当時のアーツ&クラフツの広がりを感じるにはイイのですが、
やや深さに欠ける展覧会でした。

でも、「民芸」の主導者、柳宗悦らが昭和初期に建てた
「三国荘」の再現展示は圧巻でした。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

 

今年のデザインタイド

 
TIDE_20081107124522.jpg

今年のデザインタイド。
毎年会場を替えて東京ミッドタウンのホールがメイン会場でした。
http://www.designtide.jp/08/jp/

昨年までのインスタレーション的な出展は少なくなりましたが、
クリエーターそれぞれの思いがダイレクトに伝わる作品が多かったです。

東京デザイナーズウィークに比べ、ここは撮影OK。
おまけに入場料安いし・・・。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

フィンランドツアー特集号

 
JIDFI.jpg

私が支部長を務める「JID関西」の配信するWEBマガジン、
e-ECHO」の最新号は、「フィンランドツアー特集号」です。

ツアー参加者のJID会員それぞれが彼の地の思い出を綴っています。
(私もパイミオのサナトリウムについて書いていますよ)

フィンランドツアーの参考にぜひご覧ください。
http://www.jid-kansai.jp/eECHO/e-echo.html

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

「セカンドネイチャー展」吉岡徳仁の新作

 
003_CLOUDS28isntallation29.jpeg
六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の吉岡徳仁ディレクション「セカンドネイチャー展」。
http://www.2121designsight.jp/schedule/second_nature/outline.html

「Second Nature」、つまり第二の自然と言う展覧会名にふさわしく、
偶発的に生じる自然美をアートの中に取り入れた展覧会になっています。

吉岡徳仁のインスタレーションがすごかったです。

結晶でできた椅子、天井から吊り下がる無数のファイバー。

このためにだけでも東京に行く価値あり!
ぜひ観てきてください。

関連記事:http://architecturephoto.net/jp/2008/10/post_1151.html

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
 

TDW2008の感想

 
TKO.jpg
Tokyo Designers Week 2008に行ってきました。
http://www.da-npo.org/tdw08/index.html

100%DesignTokyoのテントは年々大きくなっていきますが、少し大味になりすぎた感も・・。

いつもの出展の常連さんが少なくなりましたねえ。


学生展も100%Futureというネーミングになり、テント内へ。
http://www.design-channel.jp/pub100Futures.do
わが大学も出展しています。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/product/

以前の屋外展示のほうが、学校間の作品の一覧性と
明確な全天候型テーマ(ストリートファーニチャー的な)で
非常にわかりやすかったのですが・・。

入場料だけが高く、少々手を抜いたイベントでした(辛口)。

----
記事がお気に召しましたら
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ


プロフィール

FC2カウンター


カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -





ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。