「アンドウ的デザイン考」

日々の仕事や生活での「デザイン」について・・・(ando design office blog site)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ミラノサローネ報告【その6】:アントニオ・チッテリオ

 
110428.jpg

ミラノサローネ報告【その6】:アントニオ・チッテリオ

B&Bのショールームにて、
アントニオ・チッテリオ氏にデザインレクチャーをしていただきました。
(B&Bの新作を数多くデザインされています。)

喜多俊之氏のアテンドで実現したものですが、
チッテリオ氏はあまり人前で自身の話をされないと聞いていたので
非常に興味深いお話が聞けて感激でした。

彼は大変な親日家で、今も日本でデザインを数件手掛けておられるとか。。

↓日々の励みのためクリックよろしく!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

ミラノサローネ報告【その5】:Toshiba

 
1104261.jpg

ミラノサローネ報告【その5】:Toshiba

今年も東芝はトルトーナ地区で、「Luce Tempo Luogo<光・時・場>」と題した大型インスタレーションを展開。

エントランスのトンネルを抜けると水をたたえた池が出現。
その前にはCortile di Via Savonaの100年以上も昔の建造物の壁が。。

内部に入ると、暗闇の中に無数の水滴がカーテンのように落ちている空間の天井に設置された
LED照明の光が水滴に反射し、光の粒となって空間に躍っています。

水音だけが響く静寂な空間。心が洗われるような感覚を感じました。

【関連記事はこちら

会場デザインは、DGT(DORELL.GHOTMETH.TANE/ARCHITECTS)。
イタリア、レバノン、日本という異なる国の出身者3人によるパリを拠点とする建築家集団。

昨年のインスタレーションと比べると今年のほうが好きかな。
(昨年のレポート:http://shingoando.blog83.fc2.com/blog-entry-1047.html

↓日々の励みのためクリックよろしく!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ報告【その4】:Japan Style

 
1104242.jpg

ミラノサローネ報告【その4】:Japan Style

さて、私たちが出展している「日本のかたち展2011」をご紹介しましょう。

会場はDUOMOから北に徒歩10分ほどにある「アルテ・ジャポネ」です。(左上)
地下のスペースをお借りしました。

私の作品は左奥、少し晴れがましい?(左下)

13日夜のカクテルパーティーです。3時間ほどの間に延べ数百人の来場者が。。
足の踏み場のないほどの大盛況でした。(右下)

フォーリ・サローネは場外のサローネという意味があり、市内のいたるところで
興味深い展示がされており、「INTERNI」のガイドブックに案内されています。

私たちの展覧会も「Japan Style」として紹介されており、ひっきりなしに
来場者があるので応対が大変でした。

イタリア人は日本好き。展覧会は大評判で幕を閉じました。

関連ブログ:http://shingoando.blog83.fc2.com/blog-entry-1141.html

360°ビュー:http://m36.jp/picture/show/223

↓日々の励みのためクリックよろしく!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ報告【その3】:kaneka

 
1104241.jpg

ミラノサローネ報告【その3】:kaneka

トルトーナ地区SUPER STUDIO PIUでの最後のご紹介は「KANEKA」。

カネカは、「BAR×JAPAN×OLED 美しき日本の酒場」と題して、
有機ELの夜桜を楽しめるBAR空間をつくっていました。

鏡張りの真っ暗な空間に、白と橙色の有機ELパネルを無数に宙吊りした作品で、
部屋にはほのかに光を反射する黒い円卓が2つ置かれており、
そこに水たまりに映った夜桜のように光が反射していました。

来場者には日本酒が振る舞われ、光の花見を楽しみました。

関連記事:
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/event/ms2011/20110420_440815.html

360°ビュー:
http://m36.jp/search?keyword=Canon

↓日々の励みのためクリックよろしく!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ報告【その2】:INAX

 
1104232.jpg


ミラノサローネ報告【その2】

トルトーナ地区の「SUPER STUDIO PIU」には、
今年、日本企業が多く出展していました。

INAXは今年が初出展。

新開発した「泡」を使って、今までにない新しい感覚のバスライフを可能にする。
バスタブの提案です。
http://inax-milano.com/jp/exhibition/index.html

デザインは喜多俊之氏、夜のカクテルパーティーでお会いしました。

氏の「二畳結界」のイメージを引き継いだシャワーブースも興味深かったです。

今年のサローネは喜多氏のアテンドで色々楽しませていただきましたので、
順次ご紹介いたしますね。

↓日々の励みのためクリックよろしく!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ報告【その1】:Canon

 
04231.jpg

ミラノサローネ報告【その1】

今年のミラノサローネは4/12~17の開催でした。

まず、向かったのがトルトーナ地区のSUPER STUDIO PIU にて開催されている
Canonの展示へ。

テーマは「CANON NEOREAL WONDER」。

昨年の構造体へのプロジェクターの画像照射でなく、
今年はオーソドックスにまとめた感じです。
(昨年のレポート:http://shingoando.blog83.fc2.com/blog-entry-1046.html

映像技術はすごいが、ミラノでやる必然がいまいち希薄なインスタレーションでした。

関連記事:http://openers.jp/interior_exterior/ispecial/canon_110415.html

↓日々の励みのためクリックよろしく!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノ・サローネ「日本のかたち展」【その2】

 
A Japan Style000

ミラノ・サローネ「日本のかたち展」のパンフレットが完成。

私のページを紹介しますね。

Kokuhan Byobu + Tatami Stool

Kokuhan Byobu
 Aluminum folding screen "Byobu" can now express a new processing
 technology. Just a fusion of traditional and modern technology.
 (It was awarded the 2010 Kyoto Design Award.)

Tatami Stool
 The tatami mat is old floor material of Japan.I made a stool in a tatami.
 If a symbolical space of Japan is felt, it is glad.

関連記事:http://shingoando.blog83.fc2.com/blog-entry-1140.html

↓日々の励みのためクリックよろしく!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
プロフィール

FC2カウンター


カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。