「アンドウ的デザイン考」

日々の仕事や生活での「デザイン」について・・・(ando design office blog site)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ミラノサローネ2012報告【その7】:喜多さんのスツール

 
kita001.jpg

スーパースタジオの最上階では、喜多俊之さんがスツールを発表されておられ
カクテルパーティーの真っ最中。

一村産業株式会社の非常に軽量で強いカーボンファイバーに
バックスキンのような「Alcantara」を使用した新しいコンセプトのスツール。

本人がお持ちのように、
ほんとに軽くてエレガントなイメージに仕上がっていました。

画像右下は、喜多さん主催の食事会の様子。
場所はミラノの有名シーフードレストラン「Osteria LA RISACCA "6"」

現地で集合した「日本インテリアデザイナー協会」の面々と
美味しいひとときを楽しみました。

------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

ミラノサローネ2012報告【その6】:CANON NEOREAL

 
canon12.jpg


TORTONA地区の「スーパースタジオ」での日本企業の展示。
LIXILに引い続きCANONを紹介します。

今年で5回目となるCANONは、
昨年と同じ場所でインスタレーションを行いました。

今年のテーマは、『NEOREAL IN THE FOREST』。
生命の源、大自然の象徴である"森"をテーマに、
デジタルイメージングの世界を圧倒的なスケールで
展開していました。

こちらで、展示のムービーが観れます。
http://canon.jp/milano2012/exhibition/news/

------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ2012報告【その5】:LIXILの泡のお風呂

 
lixil.jpg

ミラノ市内展示のフォーリサローネ。
特にTORTONA地区の「スーパースタジオ」での展示は見逃せません。

ここでは多くの日本の企業が展示を行なっていますが
まず、「LIXIL」を紹介します。

A New Desire」(新しい欲望 )をテーマに、
新しい暮らしの実現をコンセプチュアルに表現。
「Foam Spa」と名付けられた泡風呂は、数百ミクロン以下の泡を生成し
湯気も立てずに体を温めるという技術による新しい入浴法。
お風呂のWetとライブラリーのDryを両方楽しめるシーンを提案していました。

昨年は喜多俊之氏のデザインでしたが、
今年は原研哉氏のディレクションでした。
すごく、良かったです!

関連記事:
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2012/080_overseas_0509_01.html

------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ2012報告【その4】:Cascina Gobba

 
gobba.jpg

ミラノサローネの期間は、市内のホテル代は通常の3、4倍に高騰します。
なので、昨年まではミラノ郊外の「Ripamonti」という
レジデンスに泊まっていました。(過去の記事参照

そこは設備はいいのですが、やはり市内までは遠い(専用バスで50分)
ということで、今年はミラノ中心部からメトロで20分ほどの
Cascina Gobba」というレジデンスをゲット。
「日本のかたち展」の関係者で6部屋を押さえました。

写真は私たちの部屋。ロフトがあり、3人で宿泊しました。

「Cascina Gobba」は「Ripamonti」と違って
ホスピタリティ皆無のところでした(爆笑)。
(宿泊代がかなり安いので見をつぶったのですが。。。)

Cascinaというのはあの「Cassina」ではなく「農家」という意味。
ある人が農家のモーテルと揶揄していましたが、
確かにそんな趣のホテルでした(笑)。

------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村



 

ミラノサローネ2012報告【その3】:Panasonicのインスタレーション

 
panasonic.jpg

今年でミラノサローネ5回目の出展となるパナソニックは、
ミラノ大学をステージに、建築家 平田晃久氏と組み
Photosynthesis - 光合成 -」をコンセプトに、
循環可能なあたらしいエネルギー時代に向け、
パナソニックのもつエネルギーマネージメントの概念を
生体循環系の起点である植物の「光合成」
になぞらえてインスタレーション展示を発表しました。

樹々の葉っぱのようなパネルが、「光合成」のように太陽光を浴びて
生み出したエネルギーが蓄電池に蓄えられ、
それらが回廊の照明を輝かせています。

昨年までのパナソニックは、トルトーナ地区やブレラ地区の
ギャラリーや倉庫などでの展示でしたが、今年は大規模な展示でした。

ちなみにこの展示は、フォーリサローネ(市内展示:約500会場)で
ベストインスタレーションを選ぶElita Design Awardsの
グランプリを受賞したとのことです。

快挙ですね!

------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ2012報告【その2】:Fiera 見本市会場

 
fiera01.jpg

今年の「ミラノ・サローネ」は、2012年4月17日から22日までの6日間、
イタリア・ミラノのFiera(本会場)とFouri(市内会場)で開催されました。

Fieraの見本市会場は、展示面積 209,000㎡ 出展企業社数 1,750という
大規模な国際見本市です。
今年の総来場者数は 331,649人らしいです。
http://www.milanosalone.jp/

入場料は1日券が23ユーロ、3日券が45ユーロ、5日券が58ユーロ。
毎年3日券を購入します。
3回ではとても見きれないのですが、
デザイン家具が集まるホールを効率良くピックアップして回ります。
(でも、今年は有名ブランドが分散していたので、回るのに骨が折れました。)

今年も会場はお金がかかったブースデザインで溢れていました。
このサローネで年間売り上げの4割以上のお客さんを獲得するメーカーもあると
言われているのが納得ですね。
(日本の形ばかりの家具見本市とは大違い?)

------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
 

ミラノサローネ2012報告【その1】:Miyazaki Chair Factory

 
miyazaki.jpg

今年で3度目のミラノサローネ報告は
個人的に興味のある内容のものを順次アップさせて頂きます。

まず最初は「Miyazaki Chair Factory Exhibition

宮崎椅子製作所(徳島県)は、無垢の木を活かした木製椅子の専門メーカーで
ミラノフォーリサローネには初出展です。

私達が出展している「日本のかたち展」の会場のアルテジャポネから
徒歩1分(!)のギャラリーでの開催です。

白いダンボール箱の会場構成がシンプルで美しいです。

デザイナーの小泉誠さんがいらっしゃったので、
いろいろと興味深いお話がお聞き出来ました。


関連記事:http://www.miyazakiisu.co.jp/blog/?p=1672

------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
にほんブログ村
プロフィール

FC2カウンター


カレンダー
04 | 2012/05 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -





ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。