「アンドウ的デザイン考」

日々の仕事や生活での「デザイン」について・・・(ando design office blog site)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ルーブル・ランス

 
Lens.jpg

今回のフランスでのメゾン・エ・オブジェ以外の目的がルーブル・ランスに行くことでした。
ベルギー国境に近い炭鉱の町ランスに、産業経済振興を目的にルーブル美術館別館として、妹島和世と西沢立衛の建築家ユニット(SANAA)による設計で昨年竣工しました。
パリ北駅からTGVで1時間10分ほどでランスに到着。ルーブル・ランスは広大な敷地に横たわっていました。
明るく無機質な空間にはルーブル美術館から移設された傑作がコンパクトに展示されています。
中でも圧巻はドラクロアのフランス革命を描いた「民衆を導く自由の女神」。
お昼は美術館内のレストランでなく、地元のビストロでランチ。全く英語が通じない中で地元の方たちと身振り手振りで楽しくコミュニケーション。
おまけにワインをおごっていただきました。素朴な田舎町に乾杯!!!!
http://www.louvrelens.fr/
プロフィール

FC2カウンター


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。